展示会に出展するということ

こんにちはおおたfab店主です。

昨日まで大田区産業プラザで開催されていたおおた商い観光展に出展していました。

https://www.pio-ota.jp/a-fair/2019/

数年前からおおたfabのメンバーと共同出展しています。

 

今回は少人数の出展になりましたが、やはり実際にお客様と接してみると新しく気づくことがあります。

実は私が3Dプリンタを開発した当初の2013年から出展を続けています。

 

その中で学んだことは、

①おおた商い観光展はご家族でいらっしゃる方が多いので、お子さん向けや日用雑貨に注目が集まりやすい。

②お子さんも多いので、お子さんが興味を持つものを展示するのも良い

③展示していることで、知っている方がちょこっと寄ってくださり、よりよい情報交換につながる。

 

今回Tシャツの紹介とロボットプログラミング教室の展示をしました。

ロボットを動かして、見て頂くことで、お子さんだけでなく、多くの大人の方におおたfabという場所を知って頂くことなりました。

 

展示会に出展するのは、モノを売るという目的ももちろんあると思いますが、場所の存在を知ってもらう。

親しみをもっていただくという意味でもとても良い機会だと思います。

 

おおたfabではファブラボ(市民工房)とコワーキングスペースを運営しています。

月額会員募集中です。

お気軽にお問い合わせください。