商品をつくるということ

 誰でも一度は、こんなモノがあったらいいなあと思い、自分の商品を作って世の中に出してみたいと思うものではないだろうか。私は大手メーカーで仕事をしていたこともあり、そのプロセスに触れることもできた。

 でも全く初めから、自分で商品企画をして、顧客対応までしてみるということができる人は、この世の中でどれだけいるだろうか。 大抵はそのプロセスの量、質の多さに挫けてしまうのだと思う。

f:id:otafab:20180706204011j:image

おおたFab売店

 

 当社ではいろいろな商品を世の中に出してきた。大ヒット商品はまだないけれども、6年前の創業当初から機械、雑貨などを世の中に送り出してきた。

 作ってきた商品は以下の通り

スマートフォンスタンド

【日本製iPhone8/8Plus対応】くまモン スマートフォンスタンド 縦置・横置き対応 シルバー アルミ製 ?2010熊本県くまモン#8493

スマートフォンホルダー

【日本製】iPhone8/8Plus対応 壁掛けホルダー 充電 収納 コネクタホールド付 塗装仕上げ ホワイト …

 ③スマートWatchフォルダ

タブレットホルダー

【日本製】新型iPad及びiPad Air/Air2用壁掛けホルダー 充電 収納 コネクタホールド付 塗装仕上げ ホワイト

⑤六角ふせん 正六角形の付箋(ふせん) アイデアを見える化

3Dプリンター DS1000

⑦スマート3Dプリンター Nt100

 

 運営者のそんな空気が影響するのか、最近はおおたFabのメンバーもどんどん製品開発をするようになってきた。

入り口付近には、メンバーのみなさん作の商品が並べられていて、時々売れる。

ワークショップの開発も活発で、レジン工作やクリスマスの飾り付け、ロボットなど様々なワークショップがメンバー主催で行われたりする。

先日は映画関係者にお越しいただき、この秋公開「泣き虫しょったんの奇跡」の座談会も行われた。

 

製品サービスともに準備中の企画もたくさんある。そのできていく様も少しずつ紹介していきます。

また近々ファブラボ内の商品化倶楽部の活動再開予定。こちらでも告知していきます。