試作とVEやって?

社内でとある試作に取り組んでいる。

単純なものなのだが、今回大幅なVE(ValueEngineering)を行っている。

VEについて詳しく知りたい方は下記へ

VEとは | 公益社団法人日本バリューエンジニアリング協会

 

 会社員時代にVEについて学んで簡単な資格をとったが、まったくメジャーな分野ではないので、ひごろ話題になることは少ない。

先日コワーキングスペース同業者勉強会で、以前の会社と同じ分野の会社につとめる女性の名刺に書いてありなつかしい気持ちになった。

 

VEの考え方の基本式は

V(Value:価値)=F(Function:機能)/C(Cost:コスト)

であり、わかりやすい。

例えば野菜を買うときに

このトマトこの大きさでこの値段か~。いいな~。なんていうことを無意識に考えているはず。

 

そう。VEはだれでも普通に考えていること。

今の言葉で言うと「コスパ」が近いかな。

コストと機能それぞれの要素を分解して、顧客への価値を上げるという工学。

 

というわけで今回VE実施中。

V(価値)を上げるためには、C(コスト)を下げるか、F(機能)を上げるか2択もしくは両方ということで、今回はコストを下げる。

こちらのほうが取り組む人は絶対的に多いと思う(ラクだからね)。

そしてコストダウン事例で最も多いと思われるのが、材質変更。

ウチもそれだ。

f:id:otafab:20180720173957j:plainf:id:otafab:20180720174109j:plain

f:id:otafab:20180720174038j:plain

 

というわけで型をレーザーカッターで作って、実践中。涼しくなるまでに発表できるといいな。

 

おおたFabでは商品化の勉強会を定期的に開いています。