コワーキングスペース point0 marunouchi(ポイントゼロ丸の内)さんへうかがいました20191114

11月14日コワーキングスペース協会運営者勉強会に参加しました。

 

場所は東京駅から徒歩5分。point 0 marunouchiさんにお邪魔させて頂きました。

イルミネーションがすばらしくクリスマスシーズンのニューヨークのような道のり。なんだかみんなおしゃれです。

三田線の日比谷駅から丸の内仲通りを歩いていきましたが、

“I’m in NewYork!”

と叫びたくなるような雰囲気につつまれていました。

 

さて、コワーキングスペースポイントゼロさんは

今回は、DAIKEN(ダイキン)、Okamura(オカムラ)、Panasonic(パナソニック)、LION(ライオン)、TOTO、東京海上日動、MYCITY、Asahi(アサヒビール)、TOAなどの大手企業を中心に共同で運営されています。

入室時チェック。

 

顔認証システムが入っています。

入室すると

AirSpotというステキなスペースがあり、暑い夏オフィスに戻った時など、涼しい風でクールダウンできるそうです。

イメージとしてはクリーンルームに入る前と同じ(って嘘です。もっとソフトで心地よいです)。

その様子をサーモグラフィーで見ることもできます。

 

内部はこんな感じで広々として、緑が多く気持ちの良い空間が広がっています。

足元から暖かい空気が・・・。

 

新しい木の香りがします。

株式会社オカムラ マーケティング本部 DX推進室 室長/株式会社point0取締役 遅野井 宏 様に概要や目的等にてプレゼン頂いたのち、スペースを見学させて頂きました。

 

沢山のグリーンがありますが、これらは水耕栽培だそうです。廊下のグリーンも見事でした。

下記のような会社が共同で運営しています。

目指しているのは

Activity Based Working

ABW空間 温度、風、環境センサー 人感センサー 国内初WELL認証取得を目指す。取得すれば日本初となるそうです。

コワーキングスペースのユーザーはスタートアップがメインで、企業の方が少ないので、企業間共創ができる場所を目指しているとのことでした。

24時間いつでもビールが無料で飲め、他愛もない雑談が様々なところで始まっているというお話でした。

 

瞑想室。ここにくると自然と声が小さくなるそうです。

 

個室:会社ごとに借りることができる 高いところでは90万円/月のお家賃だそうです。

 

 

防音壁につつまれた集中スペース↓  それぞれの会社ごとに取り組んでいるテーマが掲示されています。

 

高さを変更できる電動デスク。立って仕事をすることもできますね↓

心地良い風がでる送風機。このスペースは人気だそうです。

 

最先端のコワーキングスペース見学させて頂き本当にありがとうございました。ウチのような小さなコワーキングスペースにも参考になる点がたくさんありました。

point0 marunouchi(ポイントゼロ丸の内)さん

ドロップインもできるとのことですので、ちょっと気分を上げて仕事したいときなど利用してみたいと思います。

 

蒲田駅そばのおおたfabではコワーキングスペース、ファブラボ(市民工房)の月額会員を募集しています。

ご興味ある方はぜひイベントやドロップインなどでご利用頂ければと思います。

おおたfabのイベント情報はこちらから

 

https://ot-fb.com/event