【講演会】デジタルとアナログのバランス

 おおたFabには受付担当 アレクさんがいてくれる。

f:id:otafab:20181107233545j:image

 提供して頂いた大谷和利さんの講演会を

11月17日(土)18:00〜

予定しています。

 

大谷さんの著書はの一部こちらです。

 

f:id:otafab:20181107233436j:image

 

◼️大谷さんより

皆さん、こんにちは。テクノロジーライターの大谷和利です。デジタル製品は、今、毎日の生活に欠かせない存在になっています。しかし、昔ながらのアナログ的な技術や考え方、ものの見方がデジタルに比べて劣っているわけではありません。どちらにも長所と短所があって、これからはその両方をバランスよく組み合わせて暮らしていくことが普通になっていきます。

今回の講演では、江戸時代からあるのに一般には知られていない不思議な折り紙や仕掛け、重さが変わるおかしなトランプ、手のひらに載せたキューブがスマートフォンを通して見ると心臓や太陽系になってしまうAR(拡張現実)の世界、室内で飛ばしても安全で、持ち主の顔を認識してVサインを出すと写真を撮ってくれる小型のドローン、100円ショップのグッズと無料のスマートフォンアプリを使って、簡単に身近なものを3Dスキャンして3Dプリントする方法などを実際のデモを交えてご紹介し、これからの世界がどのように変化していくのかを垣間見ていただきます。

 

【参加対象】

・IoTなどの技術の動向が気になる方

・子どもたちに(大人もですが)求められることを知りたい方

・最新ガジェットが動いているのみたい方 

 

【開催日時】

2018年11月17日(土曜日)18:00~

 

【スケジュール】

17:30 受付開始

18:00 第1部:大谷和利氏講演会

19:00 第1部終了、第2部:懇親会

20:30 第2部終了(21時完全撤収)

 

【参加費】

第1部(講演会)

会費:おおたFab会員:2千円 非会員:3千円 

 

第2部(懇親会・軽食と飲み物のご提供有り)

会費:1800円

 

※参加費は当日受付にてお支払いください。

※おおたFab会員は会員価格になります。

 

【定員】

30名

 

【会場】

おおたFab(蒲田西口徒歩2分)

東京都大田区西蒲田7-4-4

小山第二ビル6F

https://www.ota-fab.com/access/

 

【お申込み方法】

Facebookイベント参加ボタンもしくは以下のメールにてお申込みください。

mail@smls.link

 

大谷 和利(おおたに かずとし)

●テクノロジーライター、グッドデザインパートナーショップAssistOnassiston.co.jp)アドバイザー

スティーブ・ジョブズビル・ゲイツのインタビュー記事をはじめ、アップル製品を中心とするデジタル製品、デザイン、自転車などの分野で執筆活動を続けるフリーランスライター。主な著書に『iPodをつくった男 スティーブ・ ジョブズの現場介入型ビジネス』『iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化』(以上、アスキー新書)、 『Macintosh名機図鑑』(エイ出版社)、『成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか』(講談社現代ビジネス刊)、『インテル中興の祖 アンディ・グローブの世界』(共著、同文館出版)。