第7回 IoT実用化研究会 在宅介護にIoTを!見守り機能付き服薬支援ロボット「FUKU助」の開発

イベント名
第7回 IoT実用化研究会 在宅介護にIoTを!見守り機能付き服薬支援ロボット「FUKU助」の開発
日程
7月30日(火)18:30-20:00 (終了後懇親会あり)
開催場所
おおたfab
料金
3000円

IoTという言葉は多くの人が知っていると思います。ツールや技術は様々なところで紹介されていますが、
・どのような目的で
・仕事や生活に役立ち人間をラクにするものを「安価で」

導入・構築していけば良いのかを一緒に考えます。
情報共有、勉強会、ワークショップを通じて、IoTを実用化し、ともに学んでいくことを目指す研究会です。

対象者:IoTの導入を検討している会社。実際にIoTをどのように進めれば良いのか考えている担当者。
以下の活動を行います。

研究会

1,2か月に1度のペースで定期的にIoTの事業者のお話や現場を回るなどして、実際の事例とそれにまつわる問題点などの情報共有を行います。

・7月30日(火)18:30~
・場所:おおたfab
・タイトル:在宅介護にIoTを!見守り機能付き服薬支援ロボット「FUKU助」の開発
・プレゼンテーター:㈱メディカルスイッチ 代表取締役社長 宮下直樹さん

どなたでもご参加頂けます。

定員:30名
・第一部(勉強会)

3000円

第2部
(懇親会)軽食とドリンクを用意します。
3000円 ※事前のお申込みをお願いします。

お申込みはメール(mail@smls.link)もしくは、FaceBook上の参加よりお願いいたします。
懇親会については、ディスカッションもしくはメールにてお知らせ頂けると助かります。

※参加費は当日受付にてお支払いください。
※法人の皆様のご参加も歓迎いたします。

——————————————————————-

IoT実用化研究会はおおたFabとPLENロボティクスを幹事とする研究会です。