市民による市民のためのちいさなDIYマガジンLink3

ちいさなDIYマガジンLink

3号を迎えました。

今回のテーマは卒業です。卒業と聞いてどんな思いが去来するでしょうか。

今回のzineには個性豊かな13作品(全36ページ)が掲載されていますが、その中から3点文章を抜き出して紹介します。


“過去の学生生活において実感して学んだことのひとつに、本当に有益な情報は人づてに伝えられるものであり、

そう簡単に公開されるものではない、ということがあります。”

卒業 神田寛元 個別指導をしています


“やらされる学業と自分が知りたい学びの違い。色んな意味で広い世界を知りまだまだ知らない事、知りたい事がたくさんあって驚いた。

学ぶ事がこんなに楽しい。気が付いてみたらなんだ、自分からまた小さな牧場の柵の中へ飛び込んでいるではないか。”

学びは続くよ何処までも ハルハ サクラ 猫5匹と暮らすリンパセラピスト


「犬には主人と話し合いなど無理なのだ」

「キミが本当に犬ならね」

「何を言うのか、この首輪を見てみろ!」

吾輩は日頃の苛立ちをぶつけるように叫び、二本の前足で首輪を勢いよく引っこ抜いた。猫にその首輪を見せようとした瞬間、吾輩は自分の両手が肉球ではなく、白い五本の指になっているのを見た。

首輪がどこにもなかった。

阿月原 リエ 農家であり、未来投資家でもあります。


 

続きが気になりますね。実は連載もあります。

下記でも全文ご覧頂けます。

Link春号 クリックしてください☚

おおたfabとブックスタジオでもご覧頂けるようサンプルを置いて販売中です。またWEBからもご注文頂けます。

ぜひ手に取ってごらんください。

zine Link春号 vol.3 送料198円