インターンブログ その③

今日もインターン高専生に活動の紹介をしてもらいました。

 

皆さん、はじめまして!都立産業技術高専の瓜生伎詩(ウリュウ キウタ)と申します。

昨日、「高専インターンブログ その①」を書いた前田君がインターンシップ活動期間を終え、今日から3人での活動になります。

3DCADソフト「Fusion360」を用いたモデリングや、CAMソフト「Cura」での設定変更など、最初は苦戦していた作業でしたが、今では1日に5回ほど自作モデルを出力できるようになりました。

f:id:otafab:20180821151012j:plain

今回の私のテーマは「様々なポーズをとることができる人形の製作」です。

できるだけ自由度を上げるために、2種類の可動パーツを合計27個使うことにしました。

f:id:otafab:20180821151034j:plain

f:id:otafab:20180821151146p:plain

 

まずは可動パーツをひとつずつ、次は本体の足だけ、次は本体の試作品…と、小さいものから順に作ってはやり直しを繰り返しています。

試作が簡単にすぐ出来るところも3Dプリンターのいいところですね。

f:id:otafab:20180821151211j:plain

 

 

インターンシップも残り4日間。目標達成に向けて頑張っていきます!

出力した試作品は材料や大きさが原因で壊れたり、動かないなどの不具合がありました。設計や材料、出力設定を見直して目標達成を目指していこうと思います。

f:id:otafab:20180822162519j:plain